社長のスピーチトレーニング |本番前の3秒で良い声になる方法

「忙しいのに、スピーチを頼まれた・・・」

経営者はただでさえ話す機会が多いもの。年末が近づくとさらに機会が増えますね。

スピーチの内容に凝るのも良いですが、今年は「声」に力を入れてみませんか?

時間も手間もかからず、すぐに実行できる方法をお伝えします。

スピーチは内容だけじゃない

スピーチは何によって出来上がるか。どうしても内容に意識が向きますがそれだけではありません。

「声、内容、話し方」の3つ全てが必要です。

特に声はポイント。耳に心地よく響く声だと、同じ中身でもちがって聞こえますよ。

(でも私は美声ではないし・・・)

などと思っていませんか?

そんなことはありません!

ご自分の声を気持ちよく出すこと!そうすれば誰もが「良い声」なのです。

 

良い声は呼吸が作る

どうやったら良い声が出るか?

声の良し悪しは生まれ持っての声質、とお考えかもしれませんが、そうではありません!

声に最も大きな影響があるのは「呼吸の仕方」です。

慌てていたり、緊張状態にある場合、呼吸は浅くなって落ち着きません。こんな時に出る声は、上ずっていたり早口だったりします。良い声とは言えませんね。

世の中には美声と呼ばれるものがあるようですが、私は誰もが本来良い声を持っていると思います。たったひとつの「正しい良い声」などはありません。

しかし、良い声を出す方法は、たったひとつです。

「ゆったりと深い呼吸をする」

温泉に浸かってリラックスすると「は〜っ」思わず声が出ます。これです!息をしっかり吐けている自分本来の良い声。今夜お風呂で確認してみてください。

 

たった3秒!いつでも良い声が出せる

スピーチ本番の3秒前にできる方法があります。

スピーチの直前、気持ちを切り替えて、こう想像してください。

「私は今、大空を仰いでいる」

眼前に広がる青い空をイメージし、気持ちよく深呼吸をします。

自然と顔は天の方を仰ぎ、両腕も開いてのびのびしているでしょう。

そう、これぞ「深い呼吸=深呼吸」。

この気持ち良さを持ったままステージに出て、スピーチの第一声を発しましょう。堂々とした良い声が出ます。

今の季節、秋晴れの空を仰ぎながら練習し、体に記憶させておくと良いですね。

ご自身で「気持ちがいいなあ」と思える呼吸をすれば、それが「良い声への入り口」です。呼吸が良くなれば本来の良い声が出ます。

「自分の声が好きではない」とおっしゃるお客様でも、呼吸を良くして話すと「あ、良い声ですね、私」と驚いていらっしゃいます。それこそ本来の声です。

 

年末に備えて、気持ち良い声を出す練習を今から実施してください。

ご健闘をお祈り申し上げます。

 

<関連記事>

社長のスピーチトレーニング|緊張した時の第一声

 

*〜*〜*〜*〜*〜*

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

*〜*〜*〜*〜*〜*

お読みいただき、ありがとうございます。