スピーチ苦手克服|頭で考える前に、スピーチに強くなる体を整えよう!

成功マインドセット

こんにちは、森裕喜子でございます。

苦手なことだと、行動を起こす前にあれこれ考えてしまいますよね。
でも、始めてみたら意外とできた、食わず嫌いだったとわかることも。

やる前に考えなくて気分が重たくならないように。
まずスピーチできる体(からだ)になっておきませんか?

 

スピーチできる体とは

体の土台である姿勢が
バッチリ決まっている体のことです。
厳密にいうと「体幹」が決まってる体。

体幹とは

お腹から背中の
ぐるっと胴回りにある
腹巻のような筋肉群(インナーマッスル)。

ここが
いい具合に引き締まっている
状態のこと。

体のパワーが自然と湧き出る「自然体」です。

体幹の締まった自然体

① お腹に腹巻をつけたと想像します。
② 口から「ふ〜っ」ゆっくり息を吐くと、腹巻が少しづつ締まります
③ その腹巻で腰が安定し、背筋も伸びるように感じます。

今、体幹がいい具合に引き締まって、自然体が決まりました!

 

自然体は良いこと尽くし

体幹が決まった自然体は
身体が本来の力を出しやすい状態です。

スピーチ的には
・ラクに良い姿勢で立てる
・肚から自信が湧く
・声が出やすい
・見た目もいい

いいことづくし!

 

自然体で心も体も落ち着く

おわかりいただけましたか?

スピーチする前に難しく考えるのはやめて、
体幹を締めた自然体で
ラクになっておく。

そうすれば、
話す力が自然と湧いて来ます。

体が決まったら、
頭の出番。

各種方法論を使って
伝わる話の準備をしましょう。
*その際は、どうぞ当WEBマガジン内の関連記事をご活用ください。

 

https://president-speech.com/wp-content/uploads/2022/05/D4900E79-BF86-45B2-A70D-8FB20F314B0F-460x460.jpeg

体幹が決まった体は、強固な家の土台ができたようなもの。あなたが話す土台が安定しますね。

体の土台がしっかり強いほど、スピーチを学び取りやすくなります。
基礎から実践まで「伝わる言葉と話せる体」をスピーチトレーニングで磨きましょう。

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。
▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service
▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case
▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

ボイスイメージ では「この方が伝わるように話すには、何が課題か?」を探り、お一人おひとりに最も適したサービスを提供しております。まずはお気軽にご相談ください。

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

関連記事

おすすめ記事

TOP