腕組みの癖が引き起こす、意図せぬ「非言語メッセージ」の失敗

成功マインドセット

こんにちは、森裕喜子でございます。

ある日、某社長さんがポツリ。
「社員が、私のことを怖いらしいんですよ。普通にしてるんですけどね」
フランクな方なのにどうしてかな?と思いました。
見ると・・・

ただの癖でも

そのとき社長は、
腕組みをしていました。

お尋ねすると、
「そういえば、いつも腕組みしてますね」

これは放っておけません!

非言語コミュニケーションの怖さ

人類は言葉を持つ前、
手や体の非言語で
コミュニケーションしていましたよね。

非言語(ノンバーバル)には言葉がない。

ゆえに
どう受け取られるか?は相手次第。

勝手に解釈されることもある。

ここが
ノンバーバルコミュニケーションの
怖いところです。

腕組みの非言語メッセージ

考え事をしていると
腕組みしたくなります。

体を抱えて自らを守る格好、
これは別名「防御のポーズ」とも呼ばれ、
相手を拒絶したり、
威圧さえすることもあります。

社長がいつも腕組みをしていれば、

「ちょっと近寄り難いな」
「いつも怖い感じだよね」

社員がそう思っても
不思議ではないですね。

 

リーダーは見られている

社員は、社長を良く見ています。

何気ない所作や表情、歩き方や目線など
ただの癖が
意図せぬメッセージを
発することもある。

だから
リーダーは
立ち居振る舞いに気をつけないといけない、
とよく言われるのです。

 

非言語で失敗しない奥義

とはいっても、

いちいち
気にしながら過ごすなんて
無理!

シンプルに
非言語の誤解を防ぐ方法は?

いつも「自然体」で居ること!これに尽きます。

自然体とは余計なことをしない体。
また、
必要なときに自在に力を発揮できる体です。

つまり、
本来の体のあり方のことですね。

自然体に戻る方法

(立った場合)
・ 足は肩幅に開き、足の裏をしっかり地面につける
・目線は自然に、真っ直ぐ前を見る
・腕は体の脇に垂らす(手を組まない)
・ゆったり呼吸する

飾らず、演じず、格好つけない自然体は
スピーチや対話もラクです。

自分を取り巻く見えないストレスに対して
無意識のうちに「防御」の体勢に
なっている私たちの体。

自然体で最強の攻めの体を取り戻しましょう。

 

スピーチトレーニングは、あなたの自然なあり方から、あなたらしい伝わる発信力を引き出します。

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。
▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service
▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case
▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

ボイスイメージ では「この方が伝わるように話すには、何が課題か?」を探り、お一人おひとりに最も適したサービスを提供しております。まずはお気軽にご相談ください。

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

関連記事

おすすめ記事

TOP