リーダーの方へ|非言語メッセージの闘い|2020年10月メディア掲載記事

★ワザ

こんにちは、森裕喜子でございます。

その人らしさというのは、ふとした仕草や服装、表情からわかることがありますよね。まさにそれが「非言語メッセージ」。

米大統領選の討論会ではアメリカでは1億人近くがエンタメのように楽しむそうです。
有権者が見たいのは「この人、どんな人?」という人間性。政策も大事だけど、大統領となる人の表情や話し方、話を聞く態度を自分の目で確かめるのです。

 

非言語の戦い、歴史

テレビの時代に入ってから、
トップリーダーの
非言語の戦いが
始まりました。

最初は、
ケネディVSニクソン。

モノクロテレビの時代です。

服の色が勝負の決め手?

ダークスーツ姿のケネディさんは
画面にはつらつと映った。

一方、ニクソンさんは
薄い色の上着だったため、
画面では
ぼんやりして見えたんですね。

画面を通してどう見えているか?
これを制したケネディさんに
軍配が上がりました。

 

一瞬の所作が命取り

その後も
テレビという枠によって
印象が切り取られた出来事は
いくつもあります。

相手候補が話す最中、
溜息をついて不遜な印象になった
ゴア候補。

腕時計をチラ見しただけで
印象が落ちた
パパブッシュ。

たった一瞬のそぶりで
有権者の支持を失ったのです。

普段の姿が出る

非言語の恐ろしさは、
ふとした瞬間に
うっかり普段の姿が
露呈してしまうこと。

ですから
下記をぜひ覚えておいて欲しいのです。

 

非言語メッセージ対策

1)相手からどう見えているか?で行動する
2)余計なことはしない言わない

非言語メッセージは
姿を表した瞬間から
自動的に自分が発するもの。

言葉以上の影響力があり、
本番だけうまくやろうとしても難しいのです。

ですから、普段から自覚しておくべきなのです。

<大統領選討論会1回目に関する詳細記事:下記「まぐまぐNEWS」でお読みになれます>

<メルマガ号外記事>
https://mypage.mag2.com/ui/view/magazine/162466811?share=1

 

★スピーチトレーニングでは、言語非言語いずれも総合的にサポートしております。
公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。
▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service
▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case
▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

ボイスイメージ では「この方が伝わるように話すには、何が課題か?」を探り、お一人おひとりに最も適したサービスを提供しております。まずはお気軽にご相談ください。

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

関連記事

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

TOP