2020年米国大統領選、トランプ氏VSバイデン氏の討論会1回目が行われました(現地時間9月28日夜9時)。

アメリカでは、1億人近くがこの討論会をエンターテイメントのように楽しむそうです。

そこで有権者が見るのは「この人、どんな人?」の人間性。

政策も大事だが、大統領となる人物を、表情・話し方・話を聞く態度などの「非言語(言葉以外)メッセージ」から読み取ろうとするのです。

 

◆大統領線と非言語メッセージの歴史

非言語メッセージが重要視され始めたのは、テレビの時代になってから。

ケネディVSニクソンの討論会がモノクロテレビで放映されたのが最初です。

ダークスーツに身を包んだケネディさんは画面にはつらつと映り、薄い色の上着だったニクソンさんはぼんやりして見えた。結果、ケネディさんに軍配が上がりました。

その後も、相手候補が話す最中に溜息をついたゴア候補、腕時計をチラ見したパパブッシュなど、一瞬のそぶりによって有権者の支持を得られなかったエピソードも多々あります。

非言語の恐ろしさは、ふとした瞬間につい出てしまうこと。自分が話しているときではなく、話を聞いている最中などに起こる盲点です。

 

◆非言語に強くなるには

テレビ同様、オンライン発信でも非言語に注意が必要です。

体がちょっと揺れただけでも安定感を欠いてみえたり、集中して聞いていないと思われたり。パソコン画面の額縁に収まると、些細な仕草も目立ってしまうのです。

 

非言語で失敗しない対策はいたってシンプル。

 

姿勢を正し、相手への敬意を体で示す。

余計なことはしない言わない。

 

非言語は、言葉を超えるメッセージ。姿を表した瞬間からもう始まっています。日々の立ち居振る舞い、一瞬一瞬を大切にお過ごしください。

 

【今日の学び】非言語には、日々の生き方が表れる。

 

<大統領選討論会1回目に関する詳細記事は、以下「まぐまぐNEWS」でお読みになれます>

トランプvsバイデンのTV討論会は「非言語の闘い」プロが徹底分析

https://mypage.mag2.com/ui/view/magazine/162466811?share=1

 

独り言スピーチから抜け出す方法|社長のスピーチトレーニング

 

ダメな話はお辞儀でわかる|リーダーシップと伝え方

 

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact