パワポを綺麗に作る人へ|プレゼンに魂を吹き込んで伝わる仕上げを

★ワザ

こんにちは、森裕喜子でございます。

いろいろな場面でプレゼンパワポを見ますが、みなさんすごいですね。仕事キッチリ!図やグラフも使って隙のない作り。熱意を感じます。

でも1つ気になる点が。

日本の課題

プレゼン資料に
限ったことではありません。

コロナウイルス三密ポスターや
駅で見る告知ポスター

人の目を惹きつけようとする
あらゆる場面で起きている
日本の決定的問題。

それは、

文字が多い!

日本人の真面目さゆえ、ですか?

プレゼンじゃなくなるパワポ

情報を間違えなく
伝えようとする気持ちに
もちろん罪はないけれど、

そこに文章があれば
人は
読んでわかろうとします。

もしプレゼンで
聞き手が文字を読み出したら?

それはもうプレゼンではない。ただの説明。

説明なら、
誰が話したって同じ。

あなたというプレゼンターが
いる意味がない!

資料を渡して
読んでもらった方が早い?!

聞き手へのプレゼント

そもそもプレゼンの目的とは?

言いたいことを話す?
興味を持ってもらう?
わかりやすい?

どれも欠かせませんよね。

しかし語源的にも
プレゼンはプレゼントです。

聞き手が
最高に喜ぶものを渡さないと。

 

プレゼンの命

プレゼンターのひとことを聞いた瞬間、
パワポの画像を見た瞬間、

「うわ〜すごい」

心が動く。
感動がある。

これがプレゼンが目指すところでしょう。

ディズニーランドだって
映画やゲームだって
同じ。

瞬時に感動させる
インパクトこそ
プレゼンの魂!

だから
文字をつらつら読ませてはいけない。

 

パワポに命を吹き込む

読ませないプレゼン資料にするには
とにかく文字を減らす。

例えば、

よくありそうなパワポ表記↓
(A)ボタンを押すと起動します。誰でも使えるわかりやすいオススメの機能です!

とことん減せば↓
(B)ボタン1つで誰でも使える!

にできる。

パワポには(B)で表記し、
実際のプレゼンでは(A)で話せばいいですよね。

こうして
パワポ全体で文字を減らしていくと
「あ、これも要らないな」
実は余計だったものが
どんどん見つかります。

すると、
プレゼンストーリーも明快になり、
最も伝えたいことがはっきりして
「インパクト」が出ます。

仕上げのスゴ技で
腕前を発揮してくださいね。

まとめ

プレゼン資料は
聞く人へのプレゼント。

話す人の台本じゃありません!

魂の宿ったインパクトで
聞き手にドキドキを贈る。

こちらもドキドキ、楽しみですね。

 

https://president-speech.com/wp-content/uploads/2022/05/D4900E79-BF86-45B2-A70D-8FB20F314B0F-460x460.jpeg

研ぎ澄ます、情報を。 

「伝わらない」を「伝わる」に変える技を自分のものにしましょう。あなたの言葉に魂を吹き込んでください。強力にサポートします。

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。
▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service
▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case
▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

ボイスイメージ では「この方が伝わるように話すには、何が課題か?」を探り、お一人おひとりに最も適したサービスを提供しております。まずはお気軽にご相談ください。

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

関連記事

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

TOP