以前行った大阪の有名な串揚げ屋さん。

店は大賑わい。早くビールが飲みたいのに店員さんがなかなか来ません。

一緒に居た友人は手を降ったり大声を出してもダメで、ついに諦めました。

 

そこで私が一声「すみません!」

「はいただ今!」店員さん、さっと振り返った。

「やった、これでビールが飲める!」二人で笑いました。

 

私は大声を出したわけではありません。混んだ店内でも通る声を放ったのです。

 

通る声はゴルフボールのようなものです。小さくても良く飛ぶのは中に硬い芯があるから。

届けたい場所一点にめがけて、瞬時にお腹から「シュッ」と出す。すると芯がある声が出ます。

吹き矢のごとく、店員さんに的を定めて「すみません!」の「す」を、シュッと飛ばします。

 

実際に混んだお店さんで練習するのも?オススメ?

ただし、周囲の方への配慮、そしてやりすぎにはご注意ください。

 

マスクをつけていても、オンライン環境でも、通る声を持っていると得。

聞き手の耳にスッと声が届けば、距離も空間も飛び超えて、想いを乗せて言葉が伝わります。

 

 

*発声練習を重ねると届く声が出せますが、今回は即席の方法をご紹介しました。

 

本音しか伝わらない時代、どう話す?トークライブ 10/22(木)19:30〜

話す本番前、3秒で声を整える|社長のスピーチトレーニング

実例|ボイトレスクールも治せない声の悩みがすぐ解決

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact