社長のスピーチトレーニング|美声より「通る声」

スピーチで「良い声」とはどんな声でしょう。声がきれい?大きい?

そうではありません

聞く人に向かって声が飛んでいく「通る声」が良いのです。

声は出るのに通らない

以前、大阪で有名な串揚げ屋さんに入ったときのこと。大賑わいです。なかなか注文出来ません。一緒にいた友人は店員さんに手を降ったり大声を出したり。早くビールが飲みたいのに、こんなシチュエーション、よくありますね。

「森ちゃん、お願い」と友人。わたしはお腹にちょっと力を入れ、店員さん目がけて一声。「すみません!」

「はい!ただ今!」定員さんは振り返ってくれました。やっと乾杯できそうです。

通る声は混んだお店で便利。そしてもちろんスピーチでも有利です。マイクを使えば音量は上がりますが、通る声は直接耳に届いて話し手との距離が近く感じられるからです。

スピーチトレーニングで「声が通らないんです」とおっしゃる方に時折お会いします。つい先日もお一人。外資系企業にお勤めの管理職、社内研修でした。スピーチに苦手意識は無く、むしろお話しになれる。でも「声が通らない」と感じていらっしゃいました。

 

飛距離が出ない声

低めで落ち着いた安心感がある声をお持ちでした。

布に例えると「毛布」のように優しく、そして重みがあります。一対一の会話なら何も問題もないでしょう。

でもスピーチでは一つ課題があります。毛布の声は飛びにくいのです。

ボールは投げれば遠くまで飛んでいきます。これはボールの中に硬い芯のようなものがあるため。毛布にはそんな芯はありません。だから飛ばそうとしてもすぐにボトッと下に落ちてしまいます。

串揚げ屋さんでわたしの声が届いたのは、芯がある声をボールのように店員さんに向けて投げていたからなのです。

 

通る声に近づく「話し方」

トレーニングをすれば、毛布の声も「通る声」になっていきます。きっと深みのある素敵なお声になるはずですが、それにはやはり努力と時間がかかります。

そこで、声を飛ばしやすくする「話し方」で対処する方法を提案しました。

 

「一文を短く話し、言葉をハッキリ繰り出すようにする」

短く話す分、声のエネルギーは集約されて飛びやすくなります。今回の方にもそのようにお伝えしました。

「そうか、原因がわかりました。短く話すようにすればいいのか」早速グループ練習で試していらっしゃいました。

 

スピーチで大切なのは、相手に届く通る声です。「声がスカッと出た!」そんな風に気持ち良く出せたら、声はしっかりと飛んでいるでしょう。

混んだお店で試してみるのも?良いかもしれませんね。(やりすぎにはご注意!)

 

<関連記事>

実例|ボイトレスクールでも治らなかった悩みが改善

 

*〜*〜*〜*〜*〜*

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

*〜*〜*〜*〜*〜*

お読みいただき、ありがとうございます。