リーダーシップは容易なことからは生まれない|小川エリカ氏インタビュー(2)

リーダーのスピーチトレーニング

こんにちは、森裕喜子でございます。

元ギネスワールドレコーズジャパン代表の小川エリカさんへのインタビュー、2回目のテーマは「リーダーシップ」です。
「容易にできることからはリーダーシップは生まれない。困難と試練の中で学び続けるしかない」と小川さんは言います。

◆容易な環境ではリーダーになれない

–−リーダーとして成長できるのはどんな人でしょうか?

『困難』そして『試練』を
進んで行ける人です。

それが無いなら、
目の前の事象に
『課題意識』を持っている。

変わりゆく環境を
読みながら、
どう自分や組織を
どう変えていけばいいか。

折れない心でビジョンを持ち、
行動できる人
ではないでしょうか。

いろいろな山谷を超える間に、
自分を知り
他者・世界を知ることができる。

容易にでき得ることでは
リーダーシップは
開発されないと思います。

–−リーダーシップは環境に育まれる、と。

マーティン・ルーサー・キングや
マララ・ユスフザイなど、
歴史を変え
世界に注目されたリーダーは、
自分が置かれた環境や境遇から
何をすべきか目標を持って
行動しました。

試練や越えるべき困難があり、
リーダーになったのです。

ビジネスでも
困難や試練があります。

経営目標や
マーケットにおける課題
という環境の中で、
行動し結果を出す。

◆自分のミッションを生きる

ーー小川さんにとって最大の困難や試練とは?

歴史的人物のように
お話しできることはありませんが、
子供の頃に育った海外で
人種差別を受けました。

その時から
日本や日本人の価値を
正しく世界に伝え、
尊重してもらえるようにと、
目的を持ち続けてきました。

日本という国は、
名前や観光地として
評価され知られていても、
国としての発信力が弱い。

中身をきちんと知って
もらえていない。

ならば日本を一つの
ブランドとして、
その印象を変えていこうと。

それにはまず、
ギネスジャパンのチーム力を
通じて
日本を世界に知ってもらおう、

『結果が出せるチーム』であり、
チームの仕事のプロセスが
『グローバルの手本になりうる』
と示す。

これを目指したのです。

大げさかもしれませんが、
日本という国のパワーを
伝えられるお手本企業になろう。

これが私にとっての試練、
ミッションでした。

––幼少期の環境から課題を見出し、目標を掲げてリーダーとして進まれた。

自分一人では何もできません。

未来図や仮説を一緒に
イメージして創っていける
チームを形成する。

自分と彼らが学び続けられる
環境を育む、
チャレンジする、
問い続ける。

日本のチームスタッフに
日々伝え続け、
海外や本部にも
アピールし続けました。

ストレッチした未来に向けて
チームをエンカレッジ
し続けることは
容易ではありません。

◆前のめりに学び続けるチーム

––具体策はどのような?

学び続けられる環境を
作りました。

会社育て、
人育て、
自分育てです。

私が成長すると、当然ですが
社員も成長、進化する。

全員が学んでいくことで
結果が出てくる。

同時に、
社内の上下関係を崩し、
忖度せずに対話できる場を
作っておくことも重要です。

上司が
部下よりも知らないことが
あっても、
互いにそれを恥だと思わない、
威張らない。

すると互いの知識や経験を
引き出しあえるようになり、
学び続ける環境ができていきます。

日本型の新人研修は
基礎教育がしっかり網羅され、
システムは素晴らしいと思います。

ですが、そういった
定型の教育をあてがうと、
与えられることが当たり前に
なりますよね。

すると、
習ったことを知らないのは恥だ、
となるかもしれない。

ですからある程度、
前のめりに食い付いて
学び取る姿勢に
なってもらえるよう、
環境作りには工夫をしました。

––学びの場で、リーダーとして難しかったことは?

真のリーダーは、
自分の弱みも見せられる
んだと思います。

これが
なかなかできなかったように
思います。

リーダーになったばかりの頃、
皆に好かれたい、
頼りにされたいと思い、
あらゆることに
対応していました。

例えば、
会社の福利厚生のリクエストに
可能な限り答えていく、
などですね。

家庭で言えば母親役。
母性でリードすると
チームとの距離感が縮められる。

でも「良い人」になろうと
しているだけでは
リーダーは務まらないと
気付きました。

必要な距離を取ることは大切、

でも、これは難しかった。

チームメンバーは
大好きな仲間たちですが、
子育てと同じ、

大好きだからこそやっていいこと、
頼んでいいことと、
度が過ぎていることを伝えていかないと
示しがつかなくなります。

プロ意識を育むためにも、
あえて私情を持ち込まれないように
対応したことが多くありました。

日々、常に学び続けていましたね。

◆リーダーとメンバーは鏡写し

––リーダーにとって大切なことは何でしょうか?

会社が成長する上では、
自分を知る、
自分の活かし方を知る。

外部環境を知り、
自分とその俯瞰図を見る。

そして、学び続ける
姿勢を持つことです。

自分が成長していないと
チームの成長もありません。

鏡の原理です。

組織が成長していないなら、
その要因は自分にある。

ならば自分を変えれば良い。

冒頭でお話ししたように、
困難と試練でまず自分が成長する。

これが大切です。

–−ありがとうございます。興味が尽きないお話ですね。

次回も引き続きリーダーシップをテーマにしながら、コミュニケーションについても伺います。

*文中のお写真は、小川エリカさん撮影のものです。

>インタビュー続き「3」はこちら

経営者にとって一番手強い聴衆は|小川エリカさんインタビュー(3)

我慢しないでポジティブに生きたい人へ|小川エリカ氏インタビュー①

ボイスイメージ では「この方が伝わるように話すには、何が課題か?」を探り、お一人おひとりに最も適したサービスを提供しております。まずはお気軽にご相談ください。

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

関連記事

おすすめ記事

TOP