スピーチ準備を始めたが言葉にならない、まとまらない。もどかしいですね。

「先生としゃべっていたら、スピーチしたい内容がまとまりました」

そんなお客様がいらっしゃいました。ただおしゃべりしていただけですが・・・。

 

◆言葉が見つかる瞬間

長年サポートしているお客さまと雑談中。急にお話が飛び、

「そうだ、今度全社員の前で話すんですよ。こんなことを言おうかと」

話題はさらに飛びながらも、大切な言葉がぽつぽつ聞こえます。

うなづいたり相槌を打ったりで拝聴し10分ほど経ったでしょうか。

お客さまは急にニッコリ。

「不思議ですね。先生と話していたらスピーチがまとまってきましたよ。こうして話すとできるんですよねえ、ははははは」

◆言葉は自分の中にある

別のお客様の事例。キックオフのスピーチで

「想いはあるんだけど社員にどう伝えたらいいか」

「大丈夫です!まずは言いたいことを自由におしゃべりしましょう」

するとお客様の口からどんどん出ます、社員に響く言葉やエピソードが。見逃すまいと私はホワイトボードに必死に書き留めました。

20分ほどすると、話の大筋とメインメッセージが見つかりました。

「へえ、自分の言葉がスピーチになるんですね!スピーチライターともインタビュアーとも違う。先生の得意技ですね!」

ありがとうございます。でも私はサポート役。

言葉を出されたのは社長ご自身です。

 

◆直観で言葉を引き出す、声の力

スピーチ準備は文章で書きたくなりますが、効果的なのは声で言葉を出していく方法。

先の例のように、ふと発した言葉の中に価値あるメッセージが潜んでいます。

ご自身ではそれに気づかないことが多く、言葉を見逃しがち。

ご自身で挑戦されるなら、出て来る言葉を片っ端から付箋紙に書き出し、その中から「これだ」という言葉を選ぶ方法が良いでしょう。

ぶつぶつ言いながら、ぜひ挑戦してください。

 

【今日の学び】スピーチは、声に出しながら即決してまとめる。

 

話す内容がまとまるシンプルな方法|社長のスピーチ準備必殺技

 

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact