「ちょっとでも黙ると ”話に詰まった” と思われるから、スピーチが嫌なんです」

「言葉が出なくなったらどうしようと思うと、話すのが怖いです」

こう思う方、かなりいらっしゃいます。

T社長がまさにそうでした。沈黙を避けたい一心で言葉を詰め込み、早口になって話はまとまらず、撃沈。

これでは話すことが辛くて当たり前です。

 

そもそもスピーチ中の沈黙は本当にダメなのか。まずここを検証する必要があります。

聞き手の立場で考えましょう。

 

人は何かを得たいと思いながら話を聞いています。そこへ急に話し手が黙り込んだ。

聞き手が真っ先に思うことは(ん?なんだろう?)という小さな疑問、あるいは興味でしょう。

(言葉に詰まったな)とすぐには邪推しないはず、よほど意地悪な人以外は。

 

そもそも沈黙というのは、言葉以上に人を惹きつける力を持っているのです。

これを大いに利用したのがスティーブ・ジョブズ。

彼のプレゼンは黙って歩いたり、水を飲んだり。言葉を出さずに思い切り聴衆を焦らしていました。だからインパクトたっぷりだったんです。

 

スピーチ中、少しくらい沈黙しても正直、大した問題ではありません。

気にしているのは話しているあなただけ。聞き手はなんとも思っていない。

聞き手はスピーカーのあなたが上手にスラスラ話すのを聞きたいわけではありません。

(この話し手は、私にどんな良いこと、驚きをもたらしてくれるか?)と思っています。

 

沈黙は恐れなくていい。

言葉が出なくなったら、落ち着いて黙り込みましょう。

きちんと事前準備をしておけば、思ってみなかった言い回しで話ができたり、その場で言葉が出てきたりします。

つまり、底力が発動します。

そもそもトップは本番に強い。多くのスピーチトレーニングから私はそれを実感しています。

沈黙は、チャンスなのです!

 

「間のいい話」をするための、ちょっとしたヒント

金メダリストのスピーチコーチが直接指導【オンライン可】サービス紹介

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact