スピーチの沈黙は恐れなくて大丈夫。逆にいい話になるチャンス!

スピーチ戦略

こんにちは、森裕喜子でございます。

ある社長がこう仰っていました。

ちょっとでも黙ると ”話に詰まった” と思われる。
言葉が出なくなったらどうしよう?と考えると

話すのが怖いんです。

 

この社長のように、
沈黙が嫌だからスピーチが嫌いな方は
かなり多いですね。

黙って空白を作らないように、の気持ちが早口を生み、
結果、話がまとまらなくなって・・・撃沈。

これではスピーチが嫌になっても当然だと思います。

しかし・・・水を差すようですが、

スピーチ中の沈黙は本当にダメなこと?

でしょうか?

話す側からすると「沈黙は悪」であるようですが
聞き手はどうなんでしょう?

例えば、話し手が急に黙り込んだとします。
すると聞く人は(ん?なんだろう?)
話が急に止まったことに一瞬、興味を引かれるでしょう。

必ずしも(話し手が言葉に詰まったぞ)とは
ならないですよね?言い換えると

沈黙は言葉以上に人を惹きつける

という事実があるのです。

これをプラス面に利用してプレゼンを大成功させたのが
スティーブ・ジョブズ。

彼は黙って歩いたり、水を飲んだり、
沈黙を多用して聴衆を焦らしましたね。

沈黙こそ、プレゼンにインパクトをもたらす
彼の戦術でした。

聞き手が話し手に求めることは、
聞く人にとって得なこと、おもしろいこと、
驚きです。

ですから、話す側が
少しくらい黙ったり言い間違えても
聞く人はほぼ興味なし!

ですから、もしも急に言葉が出なくなったら

落ち着いて黙りましょう。

きちんと事前準備をしたなら
リカバーできますし、逆に
思ってみなかった言い回しで
話せることもあります。

沈黙はチャンス。
そんな覚悟で良いのです。

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。
▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service
▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case
▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

なぜボイスイメージⓇはその他大勢と違うのか?
「社長のスピーチ戦略の秘密」とは・・・

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

関連記事

おすすめ記事

無料オンライン講座公開中!

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

社長のスピーチ戦略の秘密

TOP