「言葉が出なくなったらどうしようと思うと、話すのが怖い」

「ちょっとでも黙ると ”話に詰まった” と思われるから、スピーチが嫌なんです」

こう仰る方、たくさんいらっしゃいます。

T社長がまさにそうでした。

沈黙を避けたい一心で言葉を詰め込み、早口になり話はまとまらず、撃沈。

自ら伝わらないことを選んでいた。

これでは話すことが辛くなってしまいますね。

 

そもそもスピーチ中の沈黙は良くないのでしょうか。

 

聞き手の立場で考えてみましょう。

何かを得たいと思いながら話を聞いていたら、急に話し手が黙った。

「ん?なんだろう?」

瞬間、話し手に注意が向きます。

この時、あ、話に詰まったな、と思う前に単に引きつけられるはず。

 

聞き手の興味が話し手に集中していて、次に何が起こるのか注目しているのです。

この沈黙の力を大いに利用したのがスティーブ・ジョブズのプレゼン。

黙って歩いたり、水を飲んだり。思い切り聞き手を焦らしながら、インパクトたっぷりに伝えました。

 

こんな例もあります。

ジャズ歌手のクリス・コナーが”Black Coffee“というスローバラードを歌っている最中、歌詞が頭から飛んでしまいました。

でもそこはジャズですね、

♬ここの歌詞を忘れたわ〜

出たとこ任せの歌詞でケロリと歌い続けてリカバリー、観客からは笑い声。
「歌詞を忘れた、だから何?音楽は続くのよ」そう言いたげた肚の座り具合はぜひ見習いたいものです。

スピーチ中、少しくらい沈黙して間(ま)が空いても大きな問題ではありません。

気にしているのは話し手だけで、聞き手はなんとも思っていない。

頭が真っ白になったら落ち着いて自分を取り戻しましょう。

 

人生もスピーチもピンチがチャンスがチャンス!

肚にフォーカスして乗り切っていきましょう。

 

「間(ま)」スピーチが一気におもしろくなる小さなスパイス

 

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact