「少しでも沈黙すると ”話に詰まった” と思われる。だからスピーチが嫌なんです」こう仰る方、たくさんいらっしゃいます。

沈黙は本当にダメなのでしょうか。

今こそ発想の転換!まずスピーチから始めましょう。

 

◆沈黙は悪ではない

スピーチ嫌いのT社長。

沈黙を避けたい一心でいつもたくさんのことを話そうとしていました。

結果、早口になって話がまとまらず、撃沈・・・。

自ら伝わらない道を進んでいらっしゃいました。

 

まず、そもそも論です。

スピーチ中に黙るのは本当に良くないことでしょうか。

 

聞く人は、話を聞いて何かを得たいと思っています。

その最中、話し手が少し黙ったとします。

すると、

「ん?なんだろう?」

聞き手は一瞬、話し手に引きつけられます。

ここがポイントです!

 

何だろうと耳を澄ましている聞き手。

これ、ビジネスなら、お客様がこちらを振り向いた状態です!

ならば、この沈黙はチャンス到来、ではありませんか?

 

この効果に気づいて大いに利用したのがスティーブ・ジョブズです。

プレゼン中に黙り込んでステージを行ったり来たり。

水を飲んだり。

相当に聞き手を焦らしていました。

そしてやっと出てきた言葉は・・・すべてがセンセーショナル!

聴衆が待ちわびたプレゼンには「沈黙」という戦術があったのです。

 

◆大胆にリカバーせよ

沈黙はチャンス、とお分かりいただけたと思います。

かといって、突然頭が真っ白になるような沈黙は困りますね。

しかし、そのピンチすら大チャンスに変えられる強者の事例をご紹介。

 

ジャズ歌手のクリス・コナー。

あるとき歌詞が頭から飛んでしまいました。

でもそこはジャズという音楽、

♬ ここの歌詞を忘れたわ〜
出たとこ勝負で、心情をそのままメロディーに乗せて歌いました。
客席からは笑い声。
そして彼女はケロリとして、再び歌い出しました。
この事件、そのままライブ録音されており今でも名演として聴くことができます。

◆ピンチをチャンスに変える力

スピーチ中、少しくらい話の間が空いても、頭が真っ白になっても慌てないでください。

思い切ってしばし黙り、聞き手に小さなサプライズをもたらしているのだと肚をくくりましょう。

すると逆に度胸が座り、準備した内容よりも面白い話が飛び出すかもしれません。

 

真っ白になった瞬間からが勝負。人生もスピーチも!

今、踏ん張りどき。ご一緒に乗り切っていきましょう!

 

〜〜〜〜

テーマ:スピーチコーチが斬る!政治のリーダーに学ぶ、いい演説とダメな演説
like 9月24日(木)19時30分~

スピーチ力を身につけたい方は必見!スピーチコーチ・森裕喜子氏が政治リーダーの話し方の特徴を考察し、話し方の方法論を解説するトークライブを開催します。

安倍前総理「話し方」のレガシー|9/24 19:30まぐまぐ! Live

創刊!メルマガ「リーダーシップを磨く言葉の教室」

 

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact