「あ、この人はいい話をするな」

そう感じさせる人は登場した瞬間にわかります。

そんな人は余程の達人だからでしょう、と思われるかも知れませんが、そんなことはありません。

方法論を知れば誰でもそうなれるのです。

 

当たり前のことを、当たり前にやりきりましょう。

 

例えば、登場時。

聞き手に姿を見せて立ってからお辞儀、ご挨拶。この順番ですね。特別なことではないのですが、この当たり前をきっちりやりきっている話し手はほとんどいません。

多くの場合、歩いて出てきたと思ったらなぜか手で服を触ったり、お辞儀は身体が斜めになっていたり。

話し始めたら早口で聞き取りづらく、名前すらはっきり発せない。

世間で見るスピーチの8割以上は、残念ながらこのような感じです。

 

どうしたら良いか。

 

話し始める前に、きっちり聞き手に自分の姿を見せて立つ。

そして、聞き手を目で見て、お辞儀、そしてご挨拶。

肩書きと名前は、誰が聞いてもわかるように発する。

これができるだけで「この人の話は期待できそうだな」と感じられます。

 

すごいことをしようとする前に、当たり前をやりきる。

スピーチに限ったことではないはずです。

 

話の良し悪しは「お辞儀」でわかる|リーダーシップと伝え方

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact