気づけば無表情になっていませんか?

「いつも笑顔で話しましょう」とは申しませんが、社員や部下はトップの表情に会社の状況を感じ取ります。

顔はあなたの表札。

スピーチ、プレゼン、オンライン、どんな場面でも言葉以上に多くを伝えているのです。

 

下記の通りに口周りを動かしてみてください。

  • 唇を前に突き出すようにして「う〜」と声を出します。
  • 次に、唇を思い切り横に引っ張って「い〜」と発します。

これを4回繰り返したら、倍の速さにして4回。さらに倍速で4回。

どうでしたか?

動きが悪くなっていたら、普段から表情はかなりこわばっている証拠です。

 

実はこの動き、「ういうい体操」と名付けたもので、声や笑顔を出しやすくします。また、滑舌が悪いという人にもうってつけの基本エクササイズ。

顔の筋肉を動かすと幸せを感じるといいますから、気分もリフレッシュできるのです。

知らず知らずのうちに、怖い顔つきになっていた・・・その原因は単に顔の運動不足だったかも知れませんね。

日頃からほぐしておきましょう。

 

知っておくべし!あなたの顔を引き立てる「髪型のルール」

スピーチ、オンラインで学べます。|サービス紹介