仕事柄、これまで様々なスピーチを聞いています。

数分のものから長時間のものまで、大小含めて1万回を優に超えています。

 

その中で最も印象に残っているスピーチは「話が上手い人」によるものではありませんでした。

 

2016年のある日。

200名くらいの食業界関連の方達が揃った授与式です。

賞が発表されると、軽トラックに乗った作業服の男性の写真がスクリーンに映りました。

九州で牛を育てている生産者の方が受賞されたのです。

 

その方がステージに招かれました。

ツイードのような茶色いジャケットを着た小さな後ろ姿のその人は、舞台のキワ(端)のところで立ち止まり、金屏風の上にある賞の名前をじっと見上げて、一礼。

そして、ゆっくりマイクの方へと歩きました。

スタンドマイクの後ろで直立不動に立った受賞者。顔は茶色く日に焼け、深いシワがありました。硬い表情で聴衆をしばらく見ると、話し始めました。

牛を育てる仕事を、ずっとやっていること。
育てている牛は市場の人気と逆行しているが、やり続けていること。
地元の農家はみな非常に苦しい状況で、将来の見通しも明るくないこと。
牛の世話は毎日毎日大変なことの繰り返しであること。
それでも毎日を大切に、一頭一頭育てて生きていること。

飾り言葉は一切なし、まっすぐな背中と目線で訥々と話されました。

晴れても雨でも、
暑かろうが冬だろうが、
世の中でブランド牛がどうだこうだと言われてもぶれることなく、ただ毎日、同じ作業をひとつところで繰り返す数十年。

その人が今日、東京の瀟洒な会場で、金屏風の前に立っていたのです。

 

聴衆はほとんどが男性でしたが、涙を拭う姿があちこちにありました。

美辞麗句を重ね、巧みに話してスピーチの上手さを見せつけるものではない、心の中をそのままに語ったスピーチでした。あらためて客観的に見ると、無駄な言葉は一切なく、言い澱みや迷いもありません。思いをそのままを素直に言葉にした力強いスピーチだったのです。

信念と誇りを持って生きる人の話は、聴く人の心をも洗うのだと思いました。

 

流暢に話す人のスピーチは「立て板に水」すーっと流れて何も残しません。

これまでそういう方のスピーチも聞きましたが、それこそ本当に記憶に残っていません。うまくなりたいと思うことは良いですが、それをゴールにしてはいけないのです。

上手だと評価を得ることと、人を動かす影響力があるかどうかは、別の次元です。

世間では「話が下手な社長はダメ」のような言葉を見ることがあり、目を疑います。表層的な伝える技が十分でないから、人の心を動かさない、とは言い切れません。

アナウンサーなら流暢に情報を話すのが務め。上手く話してくれなくては困ります。でも、スピーチはニュース記事ではありません。訥々と話したり、いい間違えがあったり、ときにはハラハラするようなその人らしい独特のテンポで「何だろう?」と感じさせることがあってもいい。

話の向こうに、その人が見える、人生が見える。

だから、聞き手は心動くのです。

皆が聞きたいのは上手い話ではなく、心が動く話。

スピーチをする皆さん、どうぞお忘れにならないでくださいませ。

 

苦手な人ほど、いいスピーカーになれる理由

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact