先ほど優勝した全米オープンテニス表彰式で、大坂なおみ選手にインタビュアーはこう問いました。

「あなたは7つの試合で7つのマスクをつけ、7つの名前を記しました。どんなメッセージをだったんですか」

すると、大坂選手はこう返した。

「あなたはメッセージをどう受け取ったのでしょう。私はみんなが話題にしてくれたらいいと思って」

質問に答えずして応えました。見事な質問返し!

こんな回答、ちょっと思いつきません。

 

「私はただみんなにBLM問題を考えて欲しかったんです」と自分の意見を述べることはできる。これでも充分パワフルな答えですが、実際の彼女はもっと直球ストレートでした。

「あなたはどう思いますか」

問いに答える前に、自分が欲しいものを突き出した。

 

インタビューでの質問返しはインパクトが強く、時に危険さえ伴います。

でもここをやりきってしまうのが大坂なおみ選手。私は私という強さですね。

 

初めて世界チャンピオンになったのは2018年、パワフルなプレーとは裏腹な親しみ湧く話ぶりに世界中が共感しました。

今回、全米OP決勝戦の第1セットを落としても優勝したことも快挙だそうですが、インタビューでのやりとりこそ歴史に残るでしょう。

 

テニスの実力、

自分の言葉でさらりと強烈なメッセージを表現する個性とセンス、

偉大な22歳。

もう「なおみちゃん」とは呼べません。

 

マスク一つでこんなにも訴求できる。

今、最も「生き方」を言葉で表現できる一人だと思います。

 

<大坂なおみ選手 インタビューの様子>

https://www.wowow.co.jp/naomiosakamovi

 

金メダリストのスピーチコーチが直接指導【オンライン可】サービス紹介

 

公式ホームページで詳しいサービスや実績を紹介しています。ぜひご覧ください

▶︎トレーニングメソッドや各種サービス→ https://voice-image.com/service

▶︎業務実績や事例→https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先 https://voice-image.com/contact

ボイスイメージ株式会社 https://voice-image.com