「あなたはメッセージをどう受け取ったのでしょう。私はみんなが話題にしてくれたらいいと思って」

先ほど優勝した全米オープンテニス表彰式で、インタビュアーの質問にこう返した大坂なおみ選手。誰がこんな言葉を想像できたでしょうか。

インタビュアーはこう問いました。

「あなたは7つの試合で7つのマスクをつけ、7つの名前を記しました。どんなメッセージをだったんですか」

これに答えずして答えた大坂選手、見事な質問返しです。

 

普通なら「私はただみんなにBLM問題を考えて欲しかったんです」と自分の意見を述べるでしょう。これでも充分パワフルですが、彼女はもっと直球ストレートでした。

「あなたはどう思いますか」

問いに答える前に、自分が欲しいものを突き出したのです。

 

インタビューでの質問返しはインパクトが強く、時に危険さえ伴います。

でもここをやりきってしまうのが大坂なおみ選手。私は私であるという強さです。

 

初めて世界チャンピオンになったのは2018年、パワフルなプレーとは裏腹な親しみ湧く話ぶりに世界中が共感しました。

今回、全米OP決勝戦の第1セットを落としても優勝したことも快挙だそうですが、インタビューでのやりとりこそ歴史に残るでしょう。

 

テニスの実力、

自分の言葉でさらりと強烈なメッセージを表現する個性とセンス、

偉大な22歳。

もう「なおみちゃん」とは呼べません。

 

<大坂なおみ選手 インタビューの様子>

https://www.wowow.co.jp/naomiosakamovie/

 

世界のトップも苦心する「非言語メッセージ」意外な乗り切り方