「今度のスピーチ、マスクを着けたまま行うことになりました・・・」

今の時期、仕方ありません。

でも、話しづらいから伝わらなくてよい?ではありません。

マスクでも伝わる基本を知っておきましょう。

 

人が話す際、ことば(言語)と同時に、手の動きや目線などの「非言語」も発せられています。

マスクをすると顔の表情という非言語が隠れてしまい、無表情に見えがちです。

オンラインコミュニケーションでも同じようなことが起こります。

マスクをつけていても、リアル対面でなくても伝わるようにするためにどうしたら良いか。過去のトレーニング事例を一つご紹介します。

 

スピーチ本番が迫っているのに大風邪をひいて声が出なくなってしまった社長がいらっしゃいました。

そこで、声は一切出さず、口の動きやジェスチャーなど全身で伝える『無言のスピーチ練習』をすることにしました。

(できるかなあ・・・)

社長は最初、ちょっと困ったご様子で、ぼそぼそと口を動かしていました。

でもやがて慣れてきて、口と同時に自然と両腕を使って語り始められました。

言葉を出さない分、エネルギーが全身に変換され、とてもパワフルに伝えようとされていました。

この練習を終えて、社長はポツリ。

「今までいかに自分が伝えていなかったか。やっと気がつきました」

マスクで顔が隠れていても、全身から伝わるものがあるのです。

それには、少しオーバーに感じるくらいのエネルギーを出すようにすると、相手に伝わるレベルになります。

 

このコロナ期は、ご自身が秘めている「本来の伝わる力」を磨くチャンスなのです。

そして、コロナ後の新たな世界でその差がはっきり出るでしょう。

マスク着用中こそ「通る声」で話せばスッキリ!発声法

逆転の発想!真っ白になって言葉が出ないピンチをチャンスに変える

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact